0
    ご覧いただいているのは:  House of Better Vision  
 
リーフレットを送る
 
 
 

問題を解決してください*

17

+

=

21

 

他の問題,
クリックしてください こちらへ

 
 

*必須

 
 
nav-Id: 1773511 - doc-Id: 1773040
会社案内
お気に入り (0)
お気に入り (0)
現在保存しているお気に入り
 
 

お気に入りなし

 
検索
検索
 
 
 
 
 
 

色覚のセルフチェック

色は私たちの生活において非常に重要な役割を果たしています。視覚的な体験としてだけでなく、運転時や歩行時などの安全面においても重要です。

1

絵を見て、数字や文字を確認してください。

2

下記の中であてはまる項目を選んでください。

分析

8だけが見えた人は、赤緑色覚異常の可能性があります。眼科医による専門的な検査をおすすめします。

分析

12だけが見えた人は、青黄色覚異常の可能性があります。眼科医による専門的な検査をおすすめします。

分析

182が見えた人の色覚は、正常です。定期的にこのセルフチェックを行い、色覚検査をしましょう。

1

絵を見て、数字や文字を確認してください。

2

下記の中であてはまる項目を選んでください。

分析

3が見えた人の色覚は、正常です。定期的にこのセルフチェックを行い、色覚検査をしましょう。

分析

なにも数字が見えなかった人は、赤緑色覚異常の可能性があります。眼科医による専門的な検査をおすすめします。

1

絵を見て、数字や文字を確認してください。

2

下記の中であてはまる項目をお選びください。

分析

CとHが見えた人の色覚は、正常です。定期的にこのセルフチェックを行い、色覚検査をしましょう。

分析

31が見えた人は、赤緑色覚異常の可能性があります。眼科医による専門的な検査をおすすめします。

 
 

色覚異常

多くの視覚障害と同じく、色覚異常のほとんどが遺伝によるものです。
女性より男性のほうに多くみられる症状です。

それでは、色覚異常とはどんな症状でしょうか?3種類の視細胞のうち、どれかひとつが欠けている場合を2色覚と言い、赤を感じる視細胞がない場合が1型2色覚、緑を感じる視細胞がない場合が2型2色覚です。飽和度の強い色で起こりやすい症状です。

1種類の視細胞しかない1色覚もありますが、頻度はごくまれです。2色覚の人は、赤色と緑色を判別する視細胞が十分に機能しておらず、この2色が明るい灰色に見えます。残念ながら色覚異常には効果的な治療法はないのですが、カラーレンズは、光に対する過敏性を和らげることができます。