0
    ご覧いただいているのは:  House of Better Vision  
 
リーフレットを送る
 
 
 

問題を解決してください*

3

+

=

25

 

他の問題,
クリックしてください こちらへ

 
 

*必須

 
 
nav-Id: 1773503 - doc-Id: 1773028
会社案内
お気に入り (0)
お気に入り (0)
現在保存しているお気に入り
 
 

お気に入りなし

 
検索
検索
 
 
 
 
 
 

老眼のセルフチェック

近くを見る視力はどれくらいでしょうか?
セルフチェックで確認してみましょう。

1

視力検査表をダウンロードして、A4サイズでプリントアウトします。

2

顔の正面、目から40cm離れたところに持ち、それぞれの文字を読んでみてください。
これは一般的に物を読む時の、顔からの距離と同じです。

3

1行ずつ読みます。ちゃんと読める最後の先頭の数値をメモしておきましょう。

分析

メモを取った数値が近距離での視力です。

 
視力0.8~1.0:

おめでとうございます!この範囲の数値は平均より、とても良い視力です。 定期的にこのセルフチェックを行い、視力を確認しましょう。

 
視力0.4~0.6:

この範囲の数値は、若干視力が低下していると言えますので、眼鏡が必要でしょう。眼鏡店や眼科医による専門的な検査をおすすめします。

 
視力0.1~0.32:

この範囲の数値は「視力障害」と考えられます。眼鏡店や眼科医による早急な診断が必要です。

 
 

老眼

読書の時など、近くを見るときに少し離すと見やすくなる場合: 老眼は最も一般的な加齢による視覚障害です。

加齢による近距離での視覚障害で、近くのものが見づらくなる症状です。眼の老化現象で、加齢により水晶体の弾力性が衰え、調節力が低下します。

累進メガネは老眼を補正するのに適していて、どんな距離でもスムーズにクリアな視界が広がります。仕事場でも、Ergo® の累進レンズがあれば、手元がクリアになり、仕事の効率が上がるでしょう。