0
    ご覧いただいているのは:  House of Better Vision  
 
リーフレットを送る
 
 
 

問題を解決してください*

8

+

=

16

 

他の問題,
クリックしてください こちらへ

 
 

*必須

 
 
nav-Id: 1773507 - doc-Id: 1773024
会社案内
お気に入り (0)
お気に入り (0)
現在保存しているお気に入り
 
 

お気に入りなし

 
検索
検索
 
 
 
 
 
 

乱視のセルフチェック

乱視とは、網膜上に点が点としてではなく、
線として映ることです。セルフチェックをしてみましょう。

1

1列に並んだ4つの円を順番にしっかり見てください。
最初に片眼ずつ、その後、両眼でチェックしましょう。メガネは掛けても掛けなくてもかまいません。

2

すべての円の中の直線がはっきりと見えましたか?

分析

もし、一方向でも線が歪んだり色にムラがあるよう見える場合は、乱視の可能性があります。このような場合は、眼科医にご相談ください。もしメガネを掛けてもはっきりと見えない場合には、現在の処方を確認しましょう。乱視が矯正されていないと、視力が低下します。

 
 

角膜の歪みと乱視

歪んだ角膜は、カーブが均等ではなくなっています。
軽度の乱視は、非常によくある症状です。

眼鏡利用者の約70%が乱視といわれています。乱視とは、角膜と水晶体が歪んでいることによる屈折異常です。角膜の歪みによって、光の屈折がずれ、ピントが合わなくなるのです。

乱視に対する矯正には乱視用レンズを用います。ローデンストック レンズの最適な補正機能によって、クリアな視界が得られるでしょう。

レンズの詳細